モバイルの拡がりから生まれた新しい保険

A new insurance designed from the evolution of mobile devices.


DATE モバイル保険が求められる理由

1年で30%がトラブルに

iPhone購入者の約30%が購入後12ヶ月以内に、なんらかの理由でiPhoneを壊してしまっている。
( ref:SquareTrade WebSite )

端末価格は年々高額化

時代はガラケー(フィーチャーフォン)からスマートフォンに大きく切り替わり、端末の機能やスペックも非常に高くなっています。それに伴い2005年には3、4万円台だった端末価格は2010年ごろには平均6万円台となり、最近では10万円を超えるものまで販売されています。

一人あたり3台

2015年時点、一人あたりの情報通信デバイスの所有数は平均3.47台。
IoTやウェアラブル端末の拡がりにより、2020年には6.58台になると予測される。
( ref:CiscoSystems 2011.whitepaper )


モバイル保険

同一契約で3端末まで、年10万円まで何度でも補償



PRICE モバイル保険の保険料金

¥ 700- / 月々(非課税)

年間最大10万円まで何回でも補償

スマートフォン・タブレット端末・スマートウォッチ・ノートパソコン・モバイル音楽プレーヤー・携帯ゲーム機・モバイルルーターなどのモバイル端末を最大で3台まで( 1台を主端末、2台を副端末として )ご登録いただけます。
保険期間中は端末の追加変更がいつでも可能です。
※副端末の登録は任意です。なお副端末を登録しても保険料に変更はありません。